クリニックのワキ脱毛

医療機関・クリニックのワキ脱毛の方法

医療機関やクリニックのワキ脱毛の方法についてご紹介します。

クリニックのワキ脱毛の方法

クリニックで以前行われていたワキ脱毛方法は、医療用絶縁針脱毛と呼ばれているものでした。この方法は絶縁針という針を毛穴に差し入れて電気を流し、毛穴の奥にある毛根の組織にダメージを与えてムダ毛を引き抜いて行っていくものでした。

 

しかし、現在主流となっているワキ脱毛の方法は医療用レーザー脱毛器によるレーザー脱毛になっています。黒い色にだけ反応するレーザー光を照射することで、毛穴の奥にある毛根の組織にダメージを与えるもので、肌に刺激を与えずに脱毛をすることができる、という方法で行われる脱毛方法です。

 

ワキの脱毛はやや痛みを生じることが多いと言われています。ワキのムダ毛は濃く太いものが多いためですが、それでも以前主流だった医療用絶縁針脱毛に比べると痛みも少なくなりました。レーザー光は比較的浸透力が強いために、一回の施術で得られる効果が高いと言われています。

 

また、医療用絶縁針脱毛に比べると一回の施術でかかる時間自体が大幅に短縮されている脱毛方法になっています。シミやほくろがある部分はレーザー脱毛を行うことができません。


 
Copyright (C) 2010 ワキ脱毛しませんか! All Rights Reserved.